ショップで一切の契約カードが使用可能なわけではない■カード会社の契約店舗はおおむね二つ以上のクレカサービスと契約しているんですが不便なことにどれもの契約店舗でみなの会社の所有クレジットカードが使用できるわけじゃありません。一例をあげれば古い加盟店舗の際にはJCBロゴの入ったそのカードしか切れない状況もあるし今日の契約店なんかではVISA、マスターといった印のカードのみしか使用不可な場面もあります。ダイナースカードなんかのカード会社の場合には増して決済できない状況が増えるんじゃないでしょうか。どのブランドの所有クレジットカードが使えるかどこで見分けたら良いのか「それじゃどうやってどのロゴのクレカが使えるかを確かめたら良いのか?」といっても、正しく見るんだとすると商店の方に見せてみるのみしかないていうのが正直ながらその答えになります。とはいっても大抵の店舗やフードコートにはエントランスのスペースに切れるカード会社の印が書かれた認証ステッカーが貼り付けられているから「そっか、あのお店ではアメリカンエキスプレスカードが切れるんですね」といった感じでわかるようにされているので留意しておいていただきたい。反対に、ちゃんと契約管理が出来ていないショップで使用する際にはステッカーが掲げられている店舗でも「当店舗ではそのクレカは使えません」という返答をされてしまうなどという状況もあるためメンツを失うような状況に出くわしかねません。そこで、可能な限り全部の店舗でクレカが決済できるようにする目的でもう一つの印(海外ロゴ)が書かれている一般的なVASA、ダイナースカード、ライフカード、といったカードをいくつか財布に入れておくようにするとよいでしょう(例:UCカードを使っているなら次はダイナースカード付属のクレジットカードを財布に入れておくなど等)。とりわけ日本では、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのマークが書いてあるクレカを常時財布に入れておけば、ほぼ99%以上の契約店で3枚のうちどれかのカードを差し出すよう準備万端というわけです。クレカを活用して日常的に節約を目指すならばどんな場面でも支払い可能なクレカを申し込んでおいて損はないでしょう。