一般にはカードの上限が使用者が普段使用するより高く設定していると大丈夫だと、むやみにカードを使用してしまったりするものですね。そういったクレカ乱用を軽減するようにクレジットカードの限界額をあらかじめ低めに決めておこう・・・という提案がこの記事の主な考え方です。利用限度額を下げる方法:利用限度額を減らしておく手順は、限度額を引き上げる手順とともになんとも手軽です。カードの後ろに載っている専用窓口に問い合わせて「月の限度額をセーブしたいんですが・・・」ということをオペレーターに向けて依頼するだけです。一般には現在の利用限度額より少なければ面倒な手続きもなくそのまま設定ができてしまいます。月ごとの限度額を少なくするのは被害に遭わないようにすることにも繋がる…クレジットカードの月ごとの限度額のコントロールは自己抑制という益は言うまでもなく資産を守ることにも影響します。仮に、大事なカードが第三者に勝手に使用されたとしても日頃から手持ちのカードの上限を少なめに押さえておくようにすればリスクを最小限にとどめることもできるからです。強調しておきたいのはたとえクレカが知らない間に使用された場合でもクレジットカードの使用者に詐欺に加担するようなことにあたることがない限り盗難保険として知られる保険が契約者をサポートしてくれるわけなので心配することではないですが、万が一のことを念頭に置いて、必要以上の月ごとの限度額は低くしておくなら安心でしょう。必要のない上限設定はデメリットなのです。