カードを利用していると月々契約カード会社からご利用明細が送られてきます。それらの明細書を見るよう習慣づけていればどこのショップでいつ頃何にカードを何円使ったのかという記録が書かれているため、これまでのクレジットカードを使用したリストを見ることがきわめてわかりやすく実用的です。代わりとするのはなんとも難しいかもしれませんが、出納帳に類するものとしてファイルすることもいいアイディアだし金銭管理がもっとやりやすくなるはずです。それからクレカ利用明細送付されてから一般的に数週間で請求額の振り込みが実行されます。そのためそのカード利用明細を確認してみて、ちょっとでもおかしな支払い、一例として頼んでもいないサービスがあったとしたらコールセンターに電話をかけて聞けば良いだけなんです。本当にクレジットカード詐欺に類するあなた以外による決済が見つかったようであってもカード利用者に責任がない時には、大多数の問題は加入カード会社がそのような正当でない決済を削除してくれます。今時はこの便利なカード明細書をネットで一覧できるサービスが一般的になっています。どのお店でどんなものを決済したかを把握するといったことでカード詐欺を防ぐだけでなく、カード利用の成績表ともなり資産管理でさえも一度に足りてしまいます(専用ページでクレカの履歴を参照できる会社は前の利用履歴や利用可能ポイント数など確認可能な場合が多です)。クレジットカードは上記のことから見ても大変助けになる手段と言えるでしょう。