通常、クレカの限度額が使用者がいつも利用する額よりゆるめに設定していると人は余裕があると誤解してむやみにクレカで払ってしまったりするようですね。こうしたクレジットカード乱用を軽減するようにするため使える最高額をできれば低レベルにしておこうということが、これから申し上げる文のメインとなる考え方です。月の利用限度額をコントロールする方法□クレジットカードの月の利用限度額を下げておくとは月の限度額を上げる方法といっしょで、いたってシンプルです。手元のカードのサインのある面に書かれている電話番号に電話をかけて「月の利用限度額をセーブしたいんですが・・・」というふうにエージェントに向けて申請するだけです。現時点での月の利用限度額と比較して少ない上限であれば手続きもなく簡単に変更が終わってしまいます。利用限度額を減らしておくのは自分を守ることへと繋がっている:カードの月ごとの限度額を減らしておくことは節約等の良いことだけでなく被害に遭わないようにすることにもなります。もし、あなたのクレカが盗られて勝手に使用された場合でも事前に持っているカードの利用限度額を低くコントロールしておくようにすればリスクをなるべく避けることが可能だからです。安心して欲しいのは、たとえカードが勝手に使用されたことがあったような場合でもクレカのユーザーに過失にあたることがない限り、盗難保険として知られているしくみが加入者を保護してくれるから心配することではないのですけれどもし被害に遭った時のことを頭に入れておき多めの限度額は少なくしておくと良いでしょう。不必要な上限額は良いとは言えないことなのです。