換金を目的にして電車等の旅券などを大量決済すること>現金化を利用せずに、換金目的にてカードで決済することでも同様と言えます。キャッシュに変える方法を目的としているクレジットカードの利用というのはクレカのルール違反扱いとなるためです。多量の列車の乗車チケットの他切手購入などでのクレジットカード使用については、最悪換金が目的ではないか??というように睨まれる事例などが考え得るため十分な注意を要します。もし、利用時にキャッシング利用枠がいっぱいになっている人の場合では電車の乗車チケットを決済しようとするだけでもカードの発行会社からチェックが入る場合があるため、経済的にきつい時のカード決済については不可能にされてしまう模様。お金に問題がある時に企てる手段は、同じであるのでしょう。クレジット発行会社の立場からみてよくない利用法をしてしまうこと>だいぶ前に流行していた『永久期間』など、カード発行会社に対してほんの少しも利益となることのないような不当な利用をするとクレジットカード発行会社側から強制没収になる事例さえもあります。ネットに話題となったクレジットポイントの不正搾取など世の中に広まっていない秘密のやり方というものが存在しても、それらの方法は全てクレジットカードの規定違反なのであるから絶対にやってしまわないようにしないほうが懸命でしょう。没収となった情報については他のカード会社も知りうる→クレカを強制失効させられてしまった場合でもほかのクレジットであれば利用できるのであるから、少しであれば問題ないんじゃない?とか思ったあなたこの情報化社会においてはその考えは命取りになる可能性もあるでしょう。なぜなら、まず没収させられるという状態となると、カード会社によりアクセス出来てしまう情報機関へ退会の情報が記録されることにより信用が急落する可能性があるからです。持っているただの1枚であったとしてもカードを強制没収扱いになると、その他のクレカでも契約できなくなるし、場合によっては他に有しているクレジットカードまで失効になる可能性もあるだろう。そのまま利用出来る場合も期限満了と同時に継続できなくなることもあります。兎にも角にもしつこいほど記載していますが、没収させられるような利用はまずすることがないよう正しくご利用頂きたいと思います。