クレカ支払い遅れが多発している》口座引き落としについて踏み倒しをしていなくてもカード代金の銀行振替日時点において通帳残高が足りず利用料金支払いが不可能となることが何度となく起きてしまっているような場合には、クレジットカードの発行会社により『いつでも預金不足であるようだ』と判断してくることで強制退会という処理になってしまう場合もあります。余力はあるのについつい無意識に残高不足にしてしまった・・・というようなことを繰り返すこともクレジットカードの発行会社の視点で見れば信用することはできないカード契約者という階級にされてしまう恐れがあるため、借入をしているか否かということにかかわらず強制失効という処理がされてしまうケースがあるのでため注意しましょう。お金にだらしのない人間への採点というものはやっぱり良くはないのだ。さらに言えば、少なからずこのようなカード請求額の引き落としが不可能となる問題が起こるとクレジットカードの使用期限まで使えても以降の更新ができない時もあります。重要なものであると理解し、引き落とし日だけはどんなことがあっても忘れないようにしてください。クレジットカード現金化というサービスを使用する)クレカのキャッシング利用枠が足りず、もうこれ以上カード会社からキャッシュを入手できない場合に、カードキャッシュ化などと言われるクレジットのショッピング利用額を用いた換金手段などを使ってしまうとそれだけでクレジットカードの没収となる場合があるようです。基本的には発行会社では条項の内容で換金を目的としたクレジットでの買い物というものNGとしているため、クレジットカードの現金化を目的とした使用=契約条項違反=没収という処分に陥っても不思議ではないのです。ついついお金に困って現金化などというものを使用すると分割払いの残りの全額支払い請求というものをもらってしまうケースもあるようなので何が何でも惑わされないようにしていただきたいのです。