あいにく現実ではきわめて稀有な場合を除外して割引券売店においてクレジットカードを使う事ができる店なんてものはないです。このような理由でJCB、MasterCard、Diners clubなどの商品券を利用した間接的クレジットのケースはたまにしか現実的に運用することができないなのです。ではどういう技術を駆使すれば直接でないクレジットカードが出来るのでしょうか?と聞かれればその方法とは現代で幅広く支持されている電子マネーという名前のPASMO、Webmoney、その他はICOCA、VISA Touch、nanacoなど。実は、電子マネー用いて直接でないカードをやってみる事もできるようになります。Edy、Smart Plus、またSuica、nanacoなどはクレジットカードで買い取る事が可能なギフト券■Edy(エディ)、iD、Smart Plus、またICOCA、VISA Touch、nanacoなどに聞き慣れない方々からしてみると、難しいインプレッションを類推するかもしれませんが、そういう電子マネーはいわゆるいつも使っているのと同じ金券です。VISA、MasterCard、Diners clubなどののギフト券とまるで変わりはありません。こういった電子マネーはクレジットカードを使って容易に買い物出来るのが利点の一つです。その上電子マネーというものはこの頃、オンラインゲームの支払いかわきりに、飲食店や各種販売店などといったところでも用いることが可能なようになってきているようだ。「このお店においてはカードはご利用になれません」と明言されているような店での買い物でもPASMO、Webmoney、Smart Plus、であったりSuica(スイカ)、nanacoなどなら運用できる時がたくさんあるのです(カードポイントがたくさん貯まる)。よってカードが扱われていない売店で直接でないようにクレジットカードを駆使する技術でクレジットポイント分をゲットしていこうという手段です。通常、高いショッピングをしてしまうのみではゲットできないクレジットポイントだから是非活用する事をやってみていただきたい。