クレジット支払い遅れが多発する)支払いの踏み倒しをしていない場合でも請求の支払い日時点で銀行口座残高が不足していて、カード請求金額引き落としが不可能という事実がたびたび発生している時クレカの会社側が『いつも金欠であると推測できる』と予測してしまうために強制失効という処理になるケースがあります。手持ちは十々有しているのについ無意識に引き落としできない状態になってしまったなどということをしていても、発行会社の視点で見れば信用することはできないカード契約者となることがあるから借入をしているか否かによらず強制退会という扱いになってしまうケースも事実としてあるため注意が必要です。だらしない人に対する評価は低いのですから。さらに言えば、一回でもこのカード請求額の引き落としが不可能となるケースが出ますとクレジットの有効期限切れまで使えても更新が不可となるケースがあるのです。それだけ意味のあることなのだと再認識し支払い日を必ず忘れないようにしたほうが良いです。カード現金化等を使用してしまう)クレジットのキャッシング可能額がオーバーしてしまい、これ以上カード会社から借りることができないからといって、現金化と言われるクレカのショッピング利用枠を利用した術などを使った場合、その事実だけでカードの失効となってしまう時もある。元を正すとクレジット会社では規約にて現金化する目的でのクレカ利用ということを認めていないのであるからクレカをキャッシュ化する利用=没収となってしまっても不思議ではないのです。よく考えずにお金が必要だからといってキャッシュ化などというものを利用してしまうと、支払い残高の一括支払い請求などというものを受けてしまう話もあるためどんなことがあっても利用しないようにしていただきたいです。