愛車を売却するとき、そして車の売買時もどちらも印鑑証明が必要になります。

この印鑑証明という書類に関して説明していきます。

印鑑証明というのはある印鑑が実印で間違いないことを実証する目的を持つ公式な書類です。

印鑑証明がなければその印鑑が実印で間違いないという事実が保証できません。

高額な商談になる該当する車の買取なので、必然的に実印が必要になることになりますがそれと同時に印鑑証明書が登場します。

印鑑証明を交付してもらうためには、事前に印鑑証明をする必要があります。

印鑑証明に登録するはんこは普通、実印と呼ばれ世界で唯一の判子であることが条件です。

この実印を用意してお近くの役所の受付へ出向けば、印鑑登録をすることができます。

手続きが済むと、印鑑登録カードが交付されその判子は実印ということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには、役所の窓口へ出向き印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を記入して、印鑑登録カードを提示するだけでできます。

他にも、自動交付機で印鑑証明の書類を交付してもらうことができます。

印鑑証明そのものには有効期限はありません。

なので、いつの印鑑証明でも証明書としての効力は半永久的に持続するということになります。

ただ車買い取り時には、必須条件として三ヶ月以内に交付されたものである必要があります。

通常は期限を定める必要はないですが、車売却の時は、業者側が有効期限を決めているのでもし自動車買取を予定しているのであれば、はじめに持っておくことが望ましいです。