愛車を売る際、そして自動車の買取の時も印鑑証明というものが必要です。

この印鑑証明というものについて説明しましょう。

印鑑証明という書類は、ある印鑑が実印で間違いないことを保証するための正式な書類です。

印鑑証明がないのであればその印鑑が実印として認められていることがわかりません。

個人にとっては相当高額な売買になる車の売買のためどうしても実印が必要ですがそれと同時に印鑑証明という書類が必要となるのです。

この印鑑証明をつくるには印鑑証明しなければなりません。

印鑑証明に登録するはんこは正式には実印といい、世界で唯一の判子であることが必須です。

実印を用意して近所の役所の取次ぎ所に行けば、印鑑登録できます。

手続きが終わると、印鑑登録カードというものが交付され、その印鑑は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには役場の担当部署へ行き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記載して、印鑑登録カードを持って行くだけです。

それから、自動交付機で印鑑証明を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

なのでいつ取得した印鑑証明だとしても証明書としての効力はあることになります。

しかしながら車売却の際は、印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものとされています。

ほとんどの場合有効期限の定めはありませんがクルマ買い取りの際には買い取り先の業者が必須となる有効期限を定めていますので、自動車買取予定の車があるのであれば、事前に用意しておくとスムーズに進みます。