「スプレッド」とはFXは通貨を売り買いして差益を狙う商取引です。あなたの借金の整理の仕方

売買の値段は、四六時中上下しています。

これがマーケットです。

インターネットを見ていると外貨の為替の情報が流れる状況があります。

たとえば、「ドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを言い表しています。

要するに、買いと売りの2つの価格が存在します。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表現している取引業者も存在しています。

売値の方が買値よりも低くなるものです。

私達が買値は高く、売値は安くなるものです。

その差額をスプレッドといいFX取引会社の利益とされています。

スプレッド幅は業者によって異なります。

スプレッドはあなたにとって経費になるので、狭い取引業者をピックアップしたほうが儲けられます。

ただし、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッド幅は変わります。

もし日常的にはドル円の組合せで1銭のスプレッドの幅であっても、為替相場の変動が大きいケースでは1銭よりも大きくなります。

ですから、スプレッドが狭いのと同様に、変わらないのが大切です。

今では変化しないスプレッドの幅を見せる取引会社もたくさんあったりします。

リアルに取引業者の取引画面で実際のマーケットを調べなければ見分けられないので手間がかかりますが、とても重要なことです。

重要な資金を預けてトレードをするのですから、リアルな取引の前に魅力的に思えた取引会社の新規口座開設をどんどんして示されているスプレッドを確認しましょう。

同じ外貨でもその場面での相場の状態によって通貨ペアのスプレッド幅は異なります。

通常、インターバンク相場で取引量の多いペアではスプレッドが狭くその他のペアではスプレッドの広さが拡大するのが普通です。